レシピ
2016/11/22

ハニーマスタードソースでお店の味♪骨付きチキンソテー

163 view
16
クリップ

今月はおもてなしやクリスマスにピッタリなメニュー
ラ・カンティーヌの新商品「La Cantine ハニーマスタードソース」を使って、簡単なのにまるでお店のような骨付きチキンソテーのレシピです。

マスタードの粒々が食べるたびにはじけて、香りがいいんですよ~。
辛さはないのでお子様も大丈夫!


そして、材料も工程もとっても少ないんです
調味料は、塩・生クリーム・「La Cantine ハニーマスタードソース」だけ。
鶏肉を焼いたら、ソースの材料を温めてかけるだけで完成です♪

「お肉を焼いたはいいけど、ソースはどうしよう・・・?」
そんなお悩みを聞くことがありますが、これならお肉を焼いた後にぱぱっと作れます。


●骨付き鶏もも肉ソテーの粒々ハニーマスタードソース

材料:2人分 調理時間:30分
骨付き鶏もも肉 2本(約500g)
塩 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1
生クリーム 50㏄
「La Cantine ハニーマスタードソース」1/2瓶
塩 少々
ベビーリーフ 適量

作り方:
1、鶏もも肉は骨に沿って切れ目を入れ、塩をまぶして15分以上置く。

2、フライパンにサラダ油をいれて中火にかけ、皮を下にして5分ほどこんがりするまで焼いたらひっくりかえし、火を少し弱めて肉側を8分ほどじっくり焼く。
出てきた脂をかけながら焼くと美味しく仕上がります。

3、鶏肉をベビーリーフをしいたお皿に取りだす。
空いたフライパンは拭いて、生クリーム、「La Cantine ハニーマスタードソース」を入れて、温まったら塩を加えて味を調える。
お肉にかけて完成です!


<ヤミー’s POINT>

今回はシンプルな料理なだけに、鶏肉の焼き方をマスターすると美味しさがぐぐぐっとUPします。コツは4つ。

POINT鶏肉は、塩をもみ込んでから時間をおいて味をなじませること。中まで味がしみこみ、身も程よくしまって、びっくりするくらい美味しくなります。前日からもみ込んでおいてもいいですよ。

POINTお肉を焼くときはあまり動かさないこと!肉汁がお肉の中から流れ出てしまって、固くなります。

POINT材料のサラダ油は抜いてはいけません。これがあることで鶏の脂が溶け出してくるので、余分な脂がしっかり抜けた、パリッとした仕上がりになります。

POINT鶏から脂がたくさん出てくるときは、拭き取りましょう。脂が多いとソテーではなく揚げ物になります。

とにかくじーーーーっと待つのが美味しく作るコツなんです


いかがでしたか?
骨付きのお肉はごちそうのイメージがあって、なんだかワクワクしますよね
とっても簡単なのに見た目も華やかで、これからのイベントシーズンにぴったり
ヤミーさんが教えてくれたコツをマスターして、ワンランク上の味を目指しましょう。

16件のコメントがあります。
他のコメントを見る