Oishiine!!便り
2023/05/17

知れば知るほどOishiine!!~宇都宮工場見学レポ!フィッシュソーセージができるまで~

106

こんにちは!マルハニチロ担当者イワタンです。

本日は、宇都宮工場のフィッシュソーセージ見学レポートをお届け!おいしさの秘密お伝えします。

宇都宮市清原工場団地には、フィッシュソーセージやまぐろたたき(冷凍)などの食品に加え、DHAなどの健康成分を作る工場、製品の保管と配送を担う物流倉庫があり、マルハニチロの関東圏における重要拠点の1つなんですよ!

宇都宮工場フィッシュソーセージラインではどんな商品を作っているの?

『1秒OPENおさかなソーセージ』や『DHA入りリサーラソーセージ』、魚種や産地にこだわったフィッシュソーセージ「こだわり魚種」シリーズなどを製造しています。

取引先の視察やメディアの取材も多く、前日も大手スーパーの担当の方が来社していたそう。取材した4月は1年の中でも忙しい時期にあたり、フル稼働の工場へ潜入してきました。

フィッシュソーセージの主原料SURIMI(すりみ)

主原料となる、すりみはまず箱から出した後、異物がないかチェックをしていきます。


▲マルハニチロ北米事業部すりみ課が仕入れたすりみを発見!アラスカからやってきたスケトウダラのすりみです


▲X線検出器で異物が無いか確認している様子

すりみに調味料などを混ぜ合わせる「練り合わせ」

続いて、すりみに塩や油脂、調味料などを混ぜ合わせた練り肉を作ります。すりみに塩を混ぜて練る工程を“塩ずり”と言い、フィッシュソーセージのプリっとした弾力がある食感を生み出すのに重要な工程です。


▲練り肉を作る機械にすりみを投入する様子

低温で短時間にて練り上げる必要があり、季節や湿度によって練り肉の状態を見ながら、プロの練り職人が手際よく仕上げていきます。すりみの種類、材料により様々なフィッシュソーセージの練り肉が出来上がります。

▲すりみに調味料などを混ぜ合わせ練り肉を作ります
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。

リサーラなどに配合されるDHA

「DHA入りリサーラ」シリーズに配合しているDHAの原料はマグロやカツオのおさかな由来。同じ敷地内に建つ化成バイオ事業部の工場で作られています。リサーラはまさにマルハニチロのチカラを結集してできている商品と言えます。


▲DHA工場の外観


▲内部の様子


▲フィッシュソーセージとの相性のよさにこだわって選んだDHAを使用

練り肉をフィルムに充填

練り肉は空気・異物を除去するフィルター、金属検出器を通り、充填工程へと進みます。

▲リサーラをフィルムに充填する様子。すごい速さで詰められていきます!!
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。


▲充填後の状態は担当者がしっかりチェック!!

常温保存の秘訣!「レトルト殺菌」工程へ

充填後は、レトルト殺菌を行います。この工程をへる事で保存のための食品添加物を入れずとも、常温でも保存可能なフィッシュソーセージが出来上がります。

▲バスケットに積み込みレトルト殺菌工程へ(こちらは『1秒OPENおさかなソーセージ』)。1バスケットに約1,000本入ります
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。

▲バスケットにソーセージを積みレトルト釜へ
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。


▲レトルト殺菌前と後の状態(左が加熱後、右が加熱前)

加熱前はフニャっとやわらかい状態ですが、加熱後は魚肉のたんぱく質成分がかたまりパンパンな状態に!また特有の弾力のある食感が生まれます。

フィッシュソーセージトリビア

レトルト釜から取り出したばかりのアツアツのフィッシュソーセージは、とにかくおいしいと評判!その理由は練り込んだ脂分が魚肉全体に溶け出しているから。弾力があるなかにもふわふわ&ジューシーな食感です。
実はご家庭でも再現できる簡単な方法が!内装フィルムごと、約1分間ボイル(湯せん)するだけ。ぜひお試しください♪


▲取り出す時に、やけどしないように気をつけてくださいね

包装工程へ

レトルト釜から出たソーセージは乾燥工程をへて、包装へ進みます。

▲目にもとまらぬ速さでソーセージが袋に包まれていきます
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。

▲束にする様子
※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。

どんな人が作っているの?宇都宮工場担当者インタビュー!


▲包装担当の天野さん(写真左)、原料・練り担当の橋本さん(写真右)

お気に入りの魚肉ソーセージは何ですか?また、お気に入りの食べ方はありますか?
『1秒OPENおさかなソーセージ』がお気に入りです。一口大にカットし、炒めて醤油マヨネーズで食べるのが好きです!
祖母は『リサーラ』がお気に入りのようでよく食べています。
『リサーラ』が好きです。自分はそのまま食べるのが好きですね。
苦労していることや大変なことは?
パッケージはお客様がはじめに見るものなので一番きれいにしっかり包装できるように日々取り組んでいますが、ラインスピードが速いのでとても集中力が要求されます。
確認作業の多さ、気温によって練り肉の温度の上がり方が変わる事にはじめは苦労しました。また、すりみは1枚10㎏あり、重いです!何枚も持ち上げるので日々筋トレになりますね!
成功体験やうれしかったエピソードは?
最終工程なので、1つの不良品も見逃さないように目を光らせています!あとは、お店売られているのを見るとうれしくなって、ついつい買っちゃいますね。
お客様から「リサーラおいしかった」という声をいただくとうれしいですね。とても励みになります。家族は『1秒OPENおさかなソーセージ』がお気に入りのようで、食べているのを見るとがんばって作ってよかったな~と思います。
最後にOishiine!!会員さんへのメッセージをお願いします!
そのままでもおいしいフィッシュソーセージですが、アレンジするのもおいしいので色々楽しんでほしいです!
フィッシュソーセージといっても、バラエティに富んだ商品があります。DHAが入ったもの、色々な魚種を使ったもの、などなど。ぜひコンプリートしてほしいです。
新商品は、製造開始直後は苦労もあるのですが、がんばって作っているので、ぜひお試しくださいね。


▲製造現場での橋本さん

完成後は検査工程へ

安心・安全のため、完成後も厳しいチェックが。官能検査、細菌検査、物性検査を実施します。


▲官能検査では、形や色、切った断面の状態、香味、食感を厳しくチェック!


▲物性検査も行い、安全・安心なものをお客様のもとに

いよいよ日本全国へ旅立ちます!

完成し、数々の試験に合格したソーセージは物流倉庫へ移動。全国のスーパーへ届けられます。


▲『1秒OPENおさかなソーセージ』をはじめ、様々なフィッシュソーセージが保管されています


▲トラックに積まれ、みなさまの元へ!

最後に、プレゼントのお知らせ!

対象のクイズに正解した方の中から抽選で「DHA入りフィッシュソーセージ」1か月分をプレゼント!
このブログの中に答えがありますよ。ぜひぜひご参加ください。

キャンペーンの詳細はこちら>>

いかがでしたでしょうか?フィッシュソーセージがみなさんの元へ届くまでには、マルハニチロの様々な部署が関わっています。原料を仕入れる部署、DHAなどを作る工場、フィッシュソーセージを作る工場、スーパーへ商品を提案する営業部門、完成した製品を運ぶ物流部門。どれも欠かすことができません。

これからもおいしいフィッシュソーセージをお届けできるよう、マルハニチログループのチカラを合わせて、取り組んでまいります。

192件の「いいね!」がありました。
192件の「いいね!」がありました。
コメント
106件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「Oishiine!!(おいしいね!!)」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる